育毛剤に配合されるべき成分とは

育毛剤 人気 > 育毛剤に配合されるべき成分とは

育毛剤に配合されるべき成分とは

最近では、5αリダクターゼを抑制するための成分が幾つも見つかっていて、その代表的なものがノコギリヤシです。

 

ノコギリヤシはメキシコから北米に書けて自生しているヤシ科の植物であり、このエキスがフィナステリドなどのAGA治療薬と似たような働きをすることが分かっています。

 

発毛を促進する効果は、ノコギリヤシだけではなく、ミネラル成分の亜鉛も同時に補給することでより効果が高まることが分かっています。

 

そんな事から、育毛剤にノコギリヤシと亜鉛が配合される製品が多くなってきています。

 

重要なのは、ノコギリヤシや亜鉛は医薬品ではなく、医薬部外品の育毛剤に配合することは問題無いため、製品化しやすいと言うことが挙げられます。

 

基本的な育毛剤の血行促進効果に加えて、これらの成分を加えることによって、育毛剤だけで大幅に薄毛対策を改善できる可能性があります。

 

有効とされる亜鉛は、チーズや小麦、納豆にも含まれていますが、より多く含有しているのが豚のレバーが牡蠣です。

 

そんな事から、1日に必要な摂取量を十分に満たしていない可能性があります。

 

このように食事習慣を切り替え、多くの成分が配合されている育毛剤を使うことによって、より高い効果を期待することができるのです。

 

変化の出ない育毛剤を判断する

 

育毛対策をしていて問題になるのは、効果が高いと言われた育毛剤を使用しているにもかかわらず、中々良い結果が出ない場合です。

 

数ヶ月で、うぶ毛が生えてきたり、抜け毛の量が顕著に減少するなどの明らかな変化が見られるのであれば、育毛剤の効果が実証されるのですが、それらの変化がほとんど感じられないまま時間だけが過ぎると、ストレスがたまってしまいます。

 

育毛剤は血流の流れを高めて、頭皮の毛根まで栄養分を届けることが仕事です。

 

その為、育毛剤の効果がうまく発揮されないのではなく、届けられる栄養分が足りないという可能性もあります。

 

育毛サプリを同時に摂取する事によって、必要な亜鉛や鉄分などを確保することができます。

 

そして、髪の毛を合成する際にはクエン酸も必要になってくるので、別途クエン酸を食事で補給する考え方が重要です。

 

お酢や柑橘類の果汁などを使ったカルパッチョなどを食べる習慣であったり、クエン酸についてもサプリで補給する考え方もあります。

 

このように食事習慣を改めていけば、少しばかり薄毛対策の改善効果が期待できるはずです。

 

このような食生活の改善をしても、中々変化が出ない場合には、育毛剤の継続使用を諦める考え方も必要になります。